【コラム】ザ・自動車学校営業~コンサルタント森本の気づき~

5回目で「認知」、7回目で「覚え」られる!

◎がむしゃらな飛び込み訪問3万件での気づき
…………………………………………………………………………………

私、楽まうく代表の森本が自動車学校業界の
営業支援に関わらせていただき、かれこれ15年以上。

私は、20歳で広島の中堅のコンサルティング会社に就職しました。

「将来一人立ちできる人間になりたい」という夢を抱き、
自分の体と頭で生きていける仕事は無いかと模索する中で、
コンサルタントの仕事を知ったのがきっかけでした。

入社後、最初に命じられたのは「営業」の仕事でした。

それから5年間、がむしゃらに新規開拓の飛び込み訪問を
やり続けること3万件。

5年後の25歳頃には、毎月研修などのお客様を
新規開拓できるようになっていました。

しかし、ここまでの道のりは決して楽なものではなく、
最初の2年間は全く売れず、先も見えず、
日々公園でさぼる(笑)といったダメ営業マンでした。

でもある時「売ろう売ろうと思わず、相手に役立てばいいんだ!」と
気づいたころから、徐々に成果が出はじめました。


◎自動車学校営業の原点となった「10回訪問」
…………………………………………………………………………………

当時の私の営業手法は、対象を広げず200社程度の企業にターゲットを絞り、
そこに対して2年で10回、徹底的に訪問するという非常に泥臭い作戦でした。

そのような手法に至ったのは、
数多くの訪問する中でのある気づきがきっかけでした。

最初のうち2回、3回程度の訪問では全く相手にされなくても、
5回目ぐらいから認知され、7回訪問すれば覚えてくれるということを、
肌で感じたのです。

7回も10回も訪問する営業マンというのはそうそういないために逆に珍しがられ、
当初は居留守を使われていた経営者の方からも「1回ぐらい話を聞いてあげよう」とか
「お茶でも飲んでいきないさい」などと、しだいに声を掛けられるようになりました。

ほとんど面識もないのに、食事に連れて行ってもらったこともあります(^^)

こういった過去の営業マンとしての経験が、
今の自動車学校の営業現場のご支援の原点になっていると言えます。

5回目で「認知」、7回目で「覚え」られる!