【コラム】ザ・自動車学校営業~コンサルタント森本の気づき~

インターホントーク

インターホン越しのトークというのは、営業マン泣かせです。

特にマンションは、訪問効率は高いものの面談率が高まらず
営業マンとしては非常に厳しい営業です。

私も営業マンの皆さんと現場に同行しながらトークを工夫していますが、
皆さんとそう面談率は変わりません。

そんな中で、少しですがオートロックが開いたトークをご紹介します。

先にも申し上げましたが、18歳の訪問の際は
スケジュールを軸にトークを進めます。

その際、自己紹介と用件トークを済ませた後で

「高校生の免許取得スケジュールについて、お伝えしたい大事な情報が
ございますので、2、3分お時間いただけませんでしょうか?」

というトークを試してみてください。

ポイントは
『是非お伝えしたいという情熱を、“語尾”で伝える』
ことです。

いかにも、断りやすい軽い感じで話すのではなく、
是非!といった感情をしっかり出すことです。

先日も同行していた営業マンから、インターホントークについて
アドバイスを求められ、「もっと感情をこめて」と話しました。

ニュアンスの問題なので非常に難しいですが、
是非チャレンジしてみてください。

【営業マン】インターホントーク