【コラム】ザ・自動車学校営業~コンサルタント森本の気づき~

たった1年でも流れを変えることができる![ある営業マンの成功・失敗談]

◎営業に楽しみを見つけた!
…………………………………………………………………………………

私は今まで、指導員・検定員という職務について、
「自分は立派に営業をしている」という意識を持っていました。

でも訪問営業を始めたことで、これまでの職務が
いかにやり易いことだったかということを、まず感じました。

なぜなら、相手が教習に通ってきている「生徒」だからです。

それに対し、集客営業の場合は、関心があるか無いかすらも分からない人を
相手にしなければならないのです。

また、一生懸命頑張っても数字になったりならなかったりと
浮き沈みも激しいです。

以前、「営業は自己管理の仕事だ!」と聞いたことがあります。
まさに納得でした。

しかし今、その中で楽しみを見つけました。
「切り返しトーク」です。

訪問営業を始めて1年。
「営業は断られるところから始まる」という気持ちにようやくなれました。

今後はこの「切り返しトーク」に更なる磨きをかけていきたいです。


◎訳が分からぬまま数字が伸びた!
…………………………………………………………………………………

私は、入社以来10数年間、教務一筋で仕事を行ってきました。

登山で言えばもう8合目、指導員としての頂上が見え始めたある夏の日に、
突然「営業」というまるで知らない新し山への登山を命じられました。

そして、そこで待っていたのは「森本氏」というシェルパ―でした。
これが私の営業としての第一歩です。

初めの3ヶ月は、道なき道をただ無我夢中で奔走している状態が続き、
訳が分からぬまま数字が伸びていたという事実に驚かされました。

要因としては、営業テクニックというよりも、
やる気が全てだったように思います。

これまで10数年間積み重ねてきたことでも、
「取り組み方次第でたった1年でも流れを変えることができる」ということを知りました。

たった1年でも流れを変えることができる![ある営業マンの成功・失敗談]