営業力強化コンサルティングとは

年間平均86名の普通車入校数アップと売上2,000万円以上アップを実現

有限会社楽まうくでは、中小企業の「即時成果創出」を掲げ、主にサービス業や販売業の現場に密着した泥臭い売上アップコンサルティングを、2000年から行っております。

これまでに、自動車学校・スイミングクラブ・スポーツクラブ・ホテル・飲食・農業機器販売・事務機販売・自動車販売・住宅販売などの業界を主にお手伝いさせていただいています。

そんな中、楽まうく創業以来、最も多くの件数に関わらせていただいている自動車学校業界では不景気や少子・高齢化などにより厳しい状況が続いており、地域密着型の自動車学校からの入校数獲得に関するご相談が、全国各地より年々増えてきています。

楽まうくの自動車学校営業コンサルティングは、創業当時2000年の地元広島の2校を皮切りに、これまで全国30数校の営業強化、販促(DM・チラシ・営業ツール)強化に携わってきました。そして、そのうち28校でご支援開始から1年後に普通車入校数の昨対アップを達成しました。

自動車学校の規模で言えば、年間普通車入校数900名平均の自動車学校が1年間で平均86名の普通車入校数アップを達成し、売上に換算すれば2,000万円以上売上がアップしたことになります。

何を行ったかと言えば、ズバリ「営業改革」。

営業活動自体があまり盛んではなかった自動車学校業界において、改めて営業体制を見直し、つくり上げ、徹底的に営業戦術を練って実践した結果です。

自動車学校は、営業を徹底的に行えば必ず結果が出る!

但し、営業とひと言で言っても単にチラシやホームページで学校紹介や広告宣伝をするだけでなく、ターゲットに対して直接的にアプローチすることも必要です。

チラシやホームページでは動かなかったお客様でも、貴校のインストラクターが高校3年生(18歳)や大学1年生(19歳)ご本人や親御さんに直接会って、自動車学校ごとの教習の違いや特徴など「自校の価値」をしっかりと伝えることができれば、お客様は動いてくれます!

売上の半分は18歳~19歳の普通車によるもの!

楽まうくのこれまでのご支援先での顧客分析によると、自動車学校の売上は普通車が8割を占め、それを年齢別に客層を分析すると18歳~19歳による売上がそのうちの8割を占めています。
つまり、会社全体の売上の半分は18歳~19歳の普通車によるものということになります。

ここまでターゲットが明確な以上、そこへ向けて徹底して「営業・販促」を行えば、おのずと入校数アップの結果はついてきます!

「良い教習だけでは入校数は増えない」という現実!

しかしながら、自動車学校業界ではまだ徹底した営業活動が浸透しきれていないという現実があります。
それは、営業活動しなくても顧客が集まったバブル期の「教習第一主義=良い教習をすれば入校数は増える!」という考え方が、根付いているからだと思われます。

確かに良い教習をしてお客様に満足してもらうことも重要ですが、自動車学校はリピーターで売上を得るものではなく、毎年新規の顧客を獲得し続けなければなりません。
したがって、良い教習による商品力の強化だけでは顧客に貴校の価値が伝わりにくいのです。

実際、「教習には絶対的な自信がある」けれど「入校数は10年以上減少し続けている」という自動車学校様からのご依頼をこれまで数多く受けました。

もちろん教習も大事です。
しかしながら、入校数を増やすためには、営業活動によって直接的に貴校の価値を顧客に伝えることも、同じぐらい重要ではないでしょうか?

営業=自動車学校の価値を伝える啓蒙活動!

営業=セールス(勧誘活動)と思われがちですが、自動車学校においては営業=情報発信であり、自動車学校の価値をお客様に伝える「啓蒙活動」であるといえます。

楽まうくでは、これまでにインストラクターから営業マンに転身された方を200名以上見てきました。
営業に対して最初はセールス的な感覚を持つ方が多いものの、ほとんどの方が実践していく中で啓蒙活動であると気づかれ、中には自分の名刺の肩書きを「自動車学校の価値を伝える伝道師」とする方さえ現れました。

つまり、それぐらい自動車学校についての正しい情報というのはお客様には伝わっておらず(他人からの噂によって間違った情報をたくさん持たれている)、だからこそ自分たちが正しい情報を伝えるべきと感じた、という証拠ですね。

「教習には自信はあるけれど競合の値引きなどによって入校数で負けている」といった歯がゆい思いをされている経営者様、お客様への啓蒙活動を徹底し貴校の特徴をしっかり伝えることで、入校数アップを図っていきましょう!

戸宅訪問・DM・チラシ・営業ツールで13回のアプローチ!

啓蒙活動と一口に言っても手法はいろいろありますが、お客様に最も伝わる活動方法は、戸宅訪問でお客様本人や親御さんと直接会うことです。

しかし、戸宅訪問だけでは回数も限られ、タイミングによって会えない場合もあり、競合他校を上回るほどのアプローチになるとは限りません。
また、手ぶら訪問では何も残りませんので、説明したり置き帰るためのツールが必要です。

そこで!
私たちは戸宅訪問に加え、DM・チラシ・営業ツールといった『営業の武器』を強化して高校3年生(18歳)~大学1年生(19歳)の間に13回程度の徹底的なアプローチを推進しています。

地元の高校3年生(18歳)、大学1年生(19歳)で売上の大半を占めている自動車学校業界だからこそ、ここに徹底的に接点を持った者が勝つのです!

→ご支援内容について、詳しくはコチラをご覧ください。
→現場で実践している具体策ついては、コチラもご覧ください。

 
代表コンサルタント/メッセージ

営業を強化すればするほど結果の出る自動車学校業界

自動車学校 入校数アップコンサルタント
森本琢磨(有限会社楽まうく 代表取締役 )

有限会社楽まうくは、2000年創業以来、様々な業界の営業改革のお手伝いをさせていただいております。中でも、自動車学校業界におきましては、創業当時からお仕事をさせていただいており、皆様方に大変感謝しております。

営業マンと一緒に現場を歩いて戦術を練る!

楽まうく創業時、自動車学校業界の知識が薄かった私は、ご縁のあった自動車学校様(以下A校)からのご依頼に対して「営業を現場から変えていく!」と、とにかく必死で取り組みました。

「コンサルティングというものは机上の空論ではなく、現場に根付いたものでなくてはならない」という私の持論もあり、実際にA校スタッフとしての名刺をつくらせていただき、営業マンと一緒に現場を歩き、歩きながら戦術を練っていきました。

そして、高校3年生(18歳)への営業が自動車学校における基本であると気づき、高校3年生(18歳)への戸宅訪問に端を発し、取次店開拓、問い合わせ営業、大学説明会、飛び込み訪問などありとあらゆる営業活動をさせていただきました。
その結果、A校は毎年100名以上の入校数アップを実現していきました。

全国各地での経験を活かした地域特性に適した商品づくり、営業アニュアル、DM・チラシづくり!

当時は、自動車学校業界以外の住宅業界、自動車販売業界、農機具販売業界など様々な業界の営業改革を同じようにご支援しておりましたが、自動車学校ほど結果を出すことができた業界は正直なところありませんでした。

イコールそれは、「自動車学校業界がまだ営業的に遅れている業界である」ということの現れではないかと考え、その後、全国の自動車学校にご案内を出させていただくようになりました。

それ以来、全国30校の自動車学校に営業コンサルタントとして伺い、北海道、東北、関東、中京、関西、中国、四国、九州と日本のあらゆる地域の営業戦略を練り、営業現場を歩かせていただきました。
その1社1社での経験が私にとってはかけがえのない財産です。

そのすべての自動車学校様の置かれた状況や地域特性の違いも考慮しながら各地域に適した商品を一緒に考え、営業マニュアルを改善し、DM・チラシを見直し、おかげさまで、30校中28校でご支援1年目で普通車の年間入校数が昨対アップという結果が出ました。

これらの結果にたどり着くために、私どもがきっかけになったという部分もありますが、実際に動かれた営業の方々、そして何より私どもを活用してでも活性化を図ろうとする経営者の覚悟、決断力の高さによるものと感服しております。

高校3年生(18歳)と大学1年生(19歳)への徹底的な営業と販促で、地域一番校になりませんか?

有限会社楽まうくでは、自動車学校の即時入校数アップのための営業と販促の強化を支援しています。
高校3年生(18歳)、大学1年生(19歳)への徹底的な戸宅訪問営業、ならびにDM・チラシなどの戦略的な販促で入校数を増やしつつ、私たちと一緒に地域一番校をめざしせんか!!

 


森本琢磨プロフィール

2000年に森本経営コンサルティング創業後、広島の自動車学校を皮切りに、これまで全国30校の営業強化コンサルティングを実施。その内28校で、1年以内に昨対入校数アップを達成。高校3年生(18歳)や大学1年生(19歳)への個別訪問と緻密なDM(ダイレクトメール)、地域特性に合わせた営業戦術、インストラクターの営業指導を得意とする。その他、様々な業界の営業指導やチラシ企画などの営業・販促強化支援も実施中。

→有限会社 楽まうくについて、詳しくはコチラもご覧ください。